ページ

2016年2月22日月曜日

高校入試が終わっても…


こんにちは。講師の田中です。


去る216日~18日にかけて、高校入試が行われました。


試験の前日はぎりぎりまでわからないところを質問する生徒でいっぱい。

特に数学の質問が多く、数学担当の川島先生は引っ張りだこでした。


筆記試験後も、中3生は塾に来て、自己採点をしてみたり、面接の練習をしたりと大忙し。


最後の最後まで、準備に余念がありません。


そんな中3生を見ていた人たちがいます。




今の中1・中2生です。




1・中2生は学年末テスト前。

毎日多くの生徒が自習に来ていて、質問が鳴りやみません(ここでも川島先生は引っ張りだこ)。

特に中2生にとって、今回のテストは入試に関わるとても大事なテスト。

気合いが入ります。


そんな後輩たちの目に、自己採点をしたり、面接練習をする先輩はどう映るのでしょうか。


学校ではなかなか見ることが出来ない、【来年、再来年の自分の姿】を見ることができたことによって、今勉強することの意味を自分たちなりに感じ取る子もいたようです。


(中には、休憩時間に面接練習をやってみる子も…)




後輩たちの目に、先輩たちの雄姿がしっかり刻まれたことで、大人が伝えることはできない【熱】があったのではないでしょうか。



また、中3生もまだまだ終わってはいません。

「これから、何を勉強していったらいいですか?」

と入試が終わっても質問する生徒もいますし、


「社会と理科は受験に使わなかったから、高校に入ってからが心配…」


とプリントをもらいに来る子も。




そう、【入試が終わった=勉強も終わり】ではありません。


高校入試は【合格】がゴールではなく、【入学して、充実した高校生活が送れる】ことがゴールです。


そのため、毎年多くの中3生は受験が終わった3月も【高校準備対策講座】受けています。


高校1年生は何よりもスタートが肝心。

4月の内容を3月に先取りすることによって、入学後の勉強をサポートします。


また、4月の高校指導部の体験もご用意しております。

毎年、5月の定期テストにむけて、町田駅前にある高校指導部に通い、最高のスタートダッシュを切ってくれる生徒がたくさんいます!!


充実した高校生活を送れるよう、今出来ることをしっかりやっていこう!

2016年2月6日土曜日

FLAPSでの取り組み ~入試対策~

こんにちは!
南林間校 英語講師、成田です!


“今年は暖冬か?”と言われたお正月から一変、
ぐっと寒くなり、毎週のように雪が降る・降らないの予報が続いております。
近隣の小学校ではインフルエンザによる学級閉鎖・学年閉鎖が相次いでいますが、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

FLAPSでは講師たちも徹底予防のために、失礼ながら連日マスク装着のまま授業・対応をさせていただいております。
ご容赦くださいませ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さて、中3生はついに!
ついに! 県立入試 まで あと10日 となりました!!


先日、1月30.31日に南林間校にて、入試直前対策講座が開催されましたので、
今日はそれについてレポートしたいと思います。



その日、入試直前対策講座にはFLAPS中3生が集結し、
丸2日間朝から晩まで5回分入試予想問題を解き切りました!


1、まず目標点数を設定します。
2、それから、本番さながらの緊張感と静けさの中、集中して問題を解き、
3、その場で採点、
4、解説。
そして次の予想問題…

2日間ひたすら、これの繰り返しです。





2日間の最後には「つかれた…」の言葉しか出てこなかった生徒も多くいましたが、
それだけ必死に集中して頑張った結果が、点数にしっかり表れていました



ほとんど全ての生徒が、自己最高得点をマークしたのです!



さらに、その日の最初に解いた模試と比べて、一日の最後に解いた模試の点数が
30点以上も上がった生徒も、一人二人ではなく何名もいたのです!




これまでも何回も何回も模試をこなし、
偏差値は上がったり横ばいだったりしながらここまで来ましたが、
この日の集中模試によって攻略法を掴み
一気に点を上げられるようになった生徒が実に多くいるのです。


①まずは自分の強みと弱みを知ること。
②入試問題の分析をすること。
その2つを照らし合わせて、
③どこに時間をかけ、
  どこで点を稼ぐのか、という作戦を立てること。

そして、④苦手な分野を絞って徹底練習すること



これは受験生に限ったことではありません。

中1.2生も、あと2週間で学年末テストです。

特に中2生は非常に大事な中2の3学期。
内申点として入試に直結します。

しっかり弱点と問題分析、そして弱点強化をして臨みましょう。



特に、人によって得意・不得意の差が大きい数学英語に関しては、
自習サタスタをご活用ください。

時間に限りはありますが、1対1で指導できるチャンスです。

事前に担当講師と約束しておくと確実なのでおすすめです。


学年末の今、中学生だけでなく小学生も、
その学年の総復習をする非常に大事な時期です。

冒頭にも書きましたが、まだまだ寒い日が続きますので、くれぐれもご自愛ください。


それでは。